メニュー 閉じる

専門科目案内

専門科目カリキュラムの概要

原子力安全工学科では、原子力システムを総合技術として捉え、機械工学、電気電子工学、原子力工学・放射線工学の各分野を中心に、広義の原子力安全工学の基礎を学習します。原子力・放射線の正確な知識に立脚し体系的な学習・実習によって技能の維持と質的な向上を図り、安全で安定な電力の供給に即応し得る専門技術者を育成します。低学年では、物理・化学の自然科学系と数学系の基礎を充分に学び、さらに、原子力に必要な技術者倫理等の一般教養を身につけます。技術者としての基礎を確実にしたうえで、電気電子工学(ディジタル工学や電子回路)、機械工学(材料力学、熱流体工学)及び原子力工学(原子力汎論や放射線概論)等の工学基礎を学習します。高学年では、原子力安全に関わる専門性を高めるために専門知識を習得します。

専門科目紹介

1年次履修科目<専門>

■機械系
原子力機械工作概論 / 基礎設計製図 / 機械工作実習

■電気・エネルギー系
原子力汎論 / 放射線概論

■学科共通
工業力学

2年次履修科目<専門>

■電気・エネルギー学群
電気電子基礎 / プログラミング応用 / 電気化学 / 電気電子計測 / 地球環境科学

■学科共通
電気機械・放射線実験 / 原子力技術法規 / 原子力コミュニケーション / 都市防災論

■原子炉工学・原子力安全工学
核反応工学 / 原子力プラント工学 / 熱流体工学

■放射線工学・サイクル工学
放射線計測 / 放射線安全学 / 放射化学

■原子力リスク・機械耐震工学
材料力学 / 原子力設計製図 / 耐震安全工学基礎

3年次履修科目<専門>

■学科共通
原子力実験実習 / 原子炉実験実習 / 原子力技能訓練

■電気・エネルギー学群
信号処理とC言語

■原子炉工学・原子力安全工学
原子炉物理学 / 原子炉運転制御工学 / 原子炉伝熱・流動工学 / 原子力安全工学

■放射線工学・サイクル工学
放射線医療工学 / 加速器利用工学 / 原子炉材料・燃料工学 / 核燃料サイクル工学 / バックエンド安全工学

■原子力リスク・機械耐震工学
原子力リスク評価工学 / 原子力危機管理 / 原子力機械耐震工学

■卒業研究関連科目
事例研究

4年次履修科目他<専門>

■卒業研究関連科目
卒業研究

PAGE TOP